何をテーマにすればいいのか悩む方へ オリジナル曲のアイデア集No.1~自慢の味をアピール

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表・井村淳也です。

社歌・事業PRソング、と一言で言っても、どんなアプローチで作っていけばいいのかわからない。

そんなお客様も多くいらっしゃるようです。

ビジネスのPRのため、マーケティングのツールとして、オリジナル音楽の制作を検討はしていても、ではどのような形で作っていけばいいのかがわからない。

そんな方の為に、今回から具体的な作り方のアイデア、制作の元ネタをお伝えできればと思います。

飲食業の方~最も強くアピールできるものが、”味”の場合

例えば、ラーメン屋さんとかパン屋さん。
たくさんの人たちが日々、食事のために訪れるお店です。
色々なアピールポイントはあると思いますが、特に一つだけ、これ!というものをあげるとすれば、それは「味」だ、という場合。

それがどんな味で、どんな風に作っているか、こだわりは、原材料の産地は、そういった情報を楽曲に詰め込めば、後は何度も何度も繰り返し流すことで印象に残る商品のPR楽曲になります。

夕方、テレビの情報番組でグルメ特集を見ると、やたらとおなかがすいてくることがありませんか?
あんなふうに、耳から入る音楽で五感を刺激して、

美味しそう!食べてみたい!

と思わせるような楽曲を作ることができれば、きっとビジネスの強力なツールになるのではないでしょうか。

ご依頼いただく際の伝え方

私にとっては、音楽を作ることは日常的なことですから、言ってみれば普通の作業なのですが、お客様にとってはむしろ逆で「初めての体験」となることが少なくないようです。
ですから、実際依頼する段階になっても、「何をどう伝えればいいのか」が分からないこともあるはずです。

これは、逆の立場で考えてみれば当然だと思います。
例えば私が、新しく自宅を購入するとします。しかも、完全な注文住宅で。
さて、何から頼めばいいのでしょうか?正直、ほとんどイメージがありません。
最終的には、工務店なりハウスメーカーなりの担当者の方が説明してくれて、そのやり取りの中で決めていくのだと思いますが、「自分なりのイメージを伝えてください」と言われても、正直、とても困りますからね。

と、言うわけで、今回テーマにした内容の楽曲制作をご依頼いただく際には、具体的にお客様にどのように伝えていただきたいかをご説明します。

楽曲制作のイメージに落とし込める材料としては、例えば以下のようなものがあります。
・「どんな味」なのか。できればわかりやすく、かつ短い言葉で。
・「どんな素材」を使っているのか。産地は。
・「どんなこだわり」で作っているのか。

主に、このあたりでしょうか。

それぞれ、できれば特徴的な言葉で表現できれば、なおいいです。
それをサビで繰り返したり、曲の頭に持ってきたり、何度も使うフレーズにしたり、色々な形で発展できます。
よくプロ歌手の既存楽曲で、サビにいきなり特徴的な英語とか、不思議なフレーズが出てくる曲を聴いたことがありませんか?

そういうフレーズを、例えばありふれた日本語に置き換えてしまうと、サビのインパクトが薄れます。
耳に残る、印象に残る楽曲にしたいからこそ使われる、作詞のテクニックです。

同じような考え方で、商品のアピールポイントを表したキーワードがあれば、是非教えてください。

いかがでしょうか?何か、具体的な制作のヒントになれば幸いです。
ここに書いてあること以外でも、もちろん、お客様の自由なアイデアは大歓迎です。どうぞ、お好きなイメージをお伝えください。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

依頼した人の感想をチェックする

ソングメーカーで楽曲を制作させて頂いた企業様に、制作の経緯、楽曲のご感想を直接インタビューしました。なぜご依頼してくださったのか?楽曲の用途は?インタビュー動画、アンケートへのご回答など、お客様の貴重なご意見をまとめました。制作者の井村も登場しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA