ライバル企業に差をつける

まだ音楽をビジネスに取り入れているケースは少ないと考えられます。
様々なマーケティングの手法がある中で、まだ普及していないオリジナル音楽という新しい力を取り入れ、御社のビジネスの注目度を高めることが可能です。

まだ周りがあまり取り入れていないということは、それだけ目立つということ。
競合他社との差別化を図り、競争力向上につながります。

通常の広告は目から入る情報に訴えますが、オリジナル音楽を作ることで、耳から入る情報としてビジネスのPRが可能になります。

音楽という素材は、様々なシーンで活用が可能です。
特にWebサイトを中心とした展開に音楽は相性が良く、YOUTUBEなど動画サイトでのPRも容易です。

ブランド力の向上

オリジナル音楽で自社名や商品名、モットーなどを繰り返し何度も流すことで認知度が高まり、
「あの商品、サービスといえばあの会社」
という形で多くの人の印象に残る。

それが、ひいては会社や商品のブランド化につながる。
そんな効果も期待できます。

大手企業のCMで何度も繰り返されるような
「○○なら□□~」
というイメージ音楽。
そのメロディが耳に残り、強く印象として刷り込まれ、実際にその商品を買うときに思い出される。
そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。
それと同じ効果を、オリジナル音楽を作ることで期待できます。

こだわりを表現できる

さらに、オリジナル楽曲を持っているということそれ自体が、ビジネスに対するこだわり、思いの強さを表現できるものではないでしょうか。

私たちは、これだけの強い思いをもってビジネスを行っています。

そんなメッセージを雄弁に語ってくれるもの。
それが、オリジナル音楽の持つ力ではないかと考えています。

ソングメーカー受付担当より:お気軽にお問い合わせください。親切丁寧に対応いたします。03-6811-7198受付時間 9:00-18:00 [ 定休:水曜・土曜 ]日曜・祝日も営業中

お問い合わせ

実際にはどんな曲が作られているの?

業種や規模、伝えたいイメージにより、実際に作る音楽は異なります。次のページでは、具体的な実例や業種別の制作方針をご説明いたします。