音楽は形が無く、取り扱いにも手間がかからないため、コスト面でもビジネスに貢献できる営業ツールです。
数多くのメリットのうち、主なものをご紹介します。

一度作れば、半永久的に価値が変わらない

音楽の素晴らしいところのひとつ。
それは、どれだけ時間が経っても色あせることがないところです。
経年劣化して陳腐化し、価値を落とすこともありません。
また長く使って壊れることも、補修費用が発生することもありません。

音楽は生まれた瞬間から、どれだけ時間が経っても価値を落とすことが無いのです。
何年、何十年経っても作ったときのまま、輝きを放ち続けることでしょう。
ビジネスが続く限り、オリジナル音楽もまた、続いていきます。

在庫管理の費用、手間が不要

音楽は形のないものですから、保管場所も必要なく、管理者も不要です。
盗まれてしまうこともありませんから、大事にしまっておく必要もありません。

いつまでも手を加えることなく、仮に存在を忘れたり放置したりしてしまったとしても、いつでも使用を再開することができます。
修理したり、クリーニングしたり、補充したりする必要もありません。
ツールとしての音楽は実はとってもお手軽な、メンテナンスフリーなものです。

使えば使うほどにその魅力を増し、認知度が上がって行く

事業用の音楽は維持費を発生させずかつ、長く使えば使うほどその価値を増していくものだと考えます。
多くの人に届き、覚えてもらうことで、その効果は日に日に強くなっていきます。
企業のPRソングでも、老若男女問わず誰でも知っているような、そんな曲もあります。
繰り返し流すことで周知度があがり、印象に残る特徴もあります。
もともと音楽は、たくさんの人が好きなもの。
音楽的にも「いい曲だね」と言ってもらえるような楽曲を作れば、自然とその楽曲を好きになってくれる人が増えていく。そうして人づてにその楽曲が広まることで、ビジネスのPRに貢献できます。

ソングメーカー受付担当より:お気軽にお問い合わせください。親切丁寧に対応いたします。03-6811-7198受付時間 9:00-18:00 [ 定休:水曜・土曜 ]日曜・祝日も営業中

お問い合わせ

実際にはどんな曲が作られているの?

業種や規模、伝えたいイメージにより、実際に作る音楽は異なります。次のページでは、具体的な実例や業種別の制作方針をご説明いたします。