お客様とのやり取りから~富山県へ福祉施設社歌・PRソングのPV撮影

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表、井村淳也です。

今日もブログをご覧くださりありがとうございます。

花粉症

私、春が一番いやな季節なのです。

大体、想像つくと思いますが、その理由はひとつ。
「花粉症」
だからです。

症状としてはそれほど、重いほうではないと思うのですが、それでもやっぱりつらい!
特に困るのは、自転車に乗るときですね。

マスクをしないととてもムリなのですが、結構息苦しくなっちゃうんですよね。

私、誕生日が5月なのですが、以前は
ああ、なんていい季節に生まれたんだろう
と思っていたのです。

それが、今ではすっかり花粉症のイヤ~な季節のイメージになってしまいました。。。

花粉症、完全に治せるように早くなって欲しいですね!

さて、今回のテーマについてお話させて頂きます。
ソングメーカーでは、音楽制作にプラスする形で
「映像制作」
も行っております。

これは、出来上がったオリジナル曲にぴったりと合わせた形で、映像作品として仕上げるものです。

すべてのご依頼で対応可能ですが、今回はその中でも特に機会の多い

【社歌・PRソング制作】
ブログ記事
ホームページでの詳細
と、映像制作がコラボしたケースをご紹介いたします。

音楽+映像制作を一貫して行うメリット

まず、お伝えしたいことですが、映像制作についても、担当は私、井村淳也が行っております。
音楽制作+映像制作を、一人の人間が一貫して行うこと。
それは、主に以下のメリットがあるためです。

・オリジナル音楽を制作した人間が映像にも携わることで、常に音楽の構成を意識した撮影・編集が可能
・人件費を抑えコストを下げることでお求め安い価格の実現
・修正対応への柔軟さ、対応の迅速さ。

映像制作と音楽制作は似ている部分もあると考えます。
その二つの全体像を掌握することで、さらに音楽表現の可能性を広げ、質を高めていけるように考えております。

流れとしては、まず先に楽曲制作を仕上げ、その楽曲を踏まえたうえでの撮影となります。

いざ、北陸へ

さて、ここからは先日実際にご依頼を頂いた際のお話をさせていただきます。

内容は、福祉施設様のオリジナルソング制作。
そして、作らせていただいた楽曲とあわせたPV、プロモーションビデオの制作でした。

出来上がった動画は、こちらです。

場所が富山県。
東京からは日帰りで、ギリギリ行って来れる距離でした。

北陸新幹線かがやきに乗るのは、初めて!
その日は朝からテンションが高かったです。

実際、東京駅で初めてお目見えしたかがやきは、メチャクチャかっこいい!
そう、まるでそれは・・・モビルスーツのようでした。

思わず、心の中で叫びました。
イムラ、いきまーっす!」(ネタが古くてすみません)

さて、北陸新幹線かがやきで至極快適に旅をすること、2時間ほど。
無事富山県に到着しました。
思えば、北陸に来るのは大学(5年)生の時依頼・・・あの時は、就職活動で新潟県まで来たのでした。
結果は、不合格でしたが・・・本社まで起こし下さいということだったので、きっと受かるのでは?と期待していたこともあり、とても苦い経験となりました。

そんな辛い思い出のある土地に、今こうして、新しい自分となってくることが出来た。
とても感慨深いものがありました。

一路、あいの国とやま鉄道にて

富山駅に降り立ち、歴史の匂いを感じました。
ああ・・・日本海が近いんだな。そんなことも感じました。
私は生まれも育ちも静岡県ですから、太平洋は見慣れていましたが、日本海と聞くと独特の思いがあります。

その出張では、海は見えませんでしたが、近くに来ていると感じるだけで気持ちが高ぶる思いでした。
私の好きな小説に、井上靖氏の「しろばんば」シリーズがあります。
三部作なのですが、主人公は静岡県伊豆地方で生まれ育ち、浪人時代に金沢を訪れます。
何となく、その状況に自分を重ね合わせて、北陸の地を感じ入っていました。

さて、富山駅からは乗り換え、[あいの国とやま鉄道]にて。
待ち合わせの駅へと向かいます。

そこでは、今回のご依頼主でいらっしゃる、施設の社長が駅まで来て下さいました。
旅の話、富山県の話、風土の話などを楽しくさせていただきながら、今回の撮影現場である施設までご一緒させて頂きました。

事前打ち合わせ

撮影現場である施設に到着し、早速打ち合わせを進めます。

主に打ち合わせでは、以下のことを確認します。
・撮影場所
・撮影時間
・撮影の方向、角度、ズームなどの構図
・参加する人、人数
・収めたいシーン
・編集の優先順位

大まかにこのようなところです。
それ以外にも、当日、打ち合わせで急遽決まることもあります。

例えば、上記動画での冒頭シーン。社長の一言メッセージなどです。
これも現場でご提案いただき、対応させて頂きました。

このように、その場その場で出てくるアイデアに即、対応できるのも、当方の強みだと考えております。
撮影してその後の編集まで、一貫して把握しているからこそ、出来るものです。

実際の撮影では

お昼過ぎから撮影を開始。
その日は幸運にも晴天に恵まれました。
実はその週は、前後が雨に囲まれていたのですがその日だけ、晴天だったんですよ!
私、井村淳也は、意外と晴れ男だったのかな・・・?と思った出来事でした。

社長やスタッフの皆さんのご配慮のおかげで、撮影はきわめてスムーズに進みました。
社長のメッセージカット、施設の入り口でのカット。
施設の中へ入り、玄関から中へ、一通り撮影をしながら進んでいきます。
「一応、ここの画も収めておいて欲しい」
といったご要望もその都度伺いながら、時間の許す限り、考えられるシーンをカメラに収めていきます。

撮影は、ハイビジョンカメラにて。
映像の美しさは当然ですが、出来るだけ自然な撮影を心がけています。
そのためにも、カメラマンとしての力量が問われるところだと考えます。

現場で対応して下さる人たち、スタッフの皆さんに、少しでもリラックスして、普段のありのままのお顔を見せて頂けるように。
心がけながら撮影を進めていきます。

複数のシーンをカメラに収め、良い仕上がりだなと感じられるものを最終的に編集で使用します。
また、一旦出来上がった映像も、後から修正ももちろん可能!
「ここのシーンははずして欲しい」
「この場面は基本的には入れたいが、始まりの数秒間だけカットしてほしい」
「少し気になる箇所があるので、編集でうまくぼかしてほしい」
といったような修正にも、対応可能です。
しかも、追加修正費用はありません!
音楽制作と同様、お客様に安心してご依頼いただきたいから。
ソングメーカーでは常に、その方針を大切にしております。

撮影が終わって

お昼過ぎからはじめた撮影も、夕方前には終わりました。
とてもあたたかな印象の施設で、皆さんの笑顔がとても素敵でした。

日帰りの出張ではありましたが、皆様のおかげでスムーズに、よい映像を撮らせて頂くことができ、感謝しております。

出来上がった動画は、このようにYOUTUBEに掲載させて頂きますので、日本全国から、さらに世界に発信できます!
音楽とピッタリと合わせた映像の力で、大きなPRが可能となります。
そして、あわせてDVDでも納品いたしますので、様々な活用方法が考えられます。

音楽制作+映像制作。世界にひとつの音楽にのせて、特別な映像を作る。
それはきっと、あなただけの個性がたくさん詰まった、宝物になるのではないでしょうか。

是非、ご検討下さい!
いかがでしたでしょうか?
井村は、日本全国どこでも伺います。
皆様にお会いできるのを、心より楽しみにしております。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました