出来上がった楽曲に当方で歌いれを行う場合のポイント

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表、井村淳也と申します。

プロデュースソングメーカーでは、様々な形でオリジナル楽曲を制作します。
まったくのゼロから作詞、作曲を行う場合。
お客様のオリジナル曲を、こちらで編曲する場合。
いずれの場合でも、楽曲に対して「歌入れ」を行うことができます。

その際、お客様ご自身で歌入れをされるか、或いは、当方で歌入れを行うか、どちらかを選ぶことになります。

今回は、その当方で歌入れを行う場合の進め方や注意点、心がけていることなどを詳しくご説明いたします。

当方での歌いれの流れ

当方で歌いれを行う場合は、まず、楽曲の雰囲気や曲調から、こちらでイメージに合いそうな歌い手さんを探します。
そして事前にその歌い手さんのサンプル音源を聞いていただき、お客様に「この歌い手さんなら良さそうだ」と感じていただければ、歌いれ作業に進めていく、という流れになります。

「どの歌い手さんも、どうしてもイメージと合わない」
ということも考えられます。その際は、少しお時間を頂くかもしれませんが、お客様のイメージに合う歌い手さんを改めて探し、ご案内できるように致します。

歌い方の希望を反映させることが可能です

例えば、

楽曲全体をとして~のように歌って欲しい

とか、

~の部分は優しく歌ってほしい

など、事前に歌い方に対してのご希望を伺うことが可能です。
歌い手さんにしても、そういった歌い方に対するご指示があったほうが、より具体的にイメージがしやすく、お互いにとってのゴールも明確になります。

お客様には漠然としたイメージでも、歌い方に対するご希望を伺えればと思います。

歌はイメージの捉え方が人により大きく異なるもの

歌は、人間がその人の声で行うものです。
歌声が入ることで、楽曲の印象が大きく変わります。
声はその人だけのものですし、歌い方の個性や発声の仕方、抑揚のつけ方も人それぞれですから、どうしても歌うことで大きな影響があるんです。

歌が入るまではすごく良かったのに、歌が入ったことでイメージが変わってしまった

というお声を、これまで何度も伺うことがありました。

それは、楽曲の完成を心待ちにしてくださるお客様にとって、とても残念なことだと思います。
ソングメーカーでは、すべてのお客様にご満足いただける楽曲制作を目指しております。
ですから歌いれに関しても、出来る限り事前にお客様のイメージどおりに歌を入れられるよう、心がけています。

お客様ご自身で歌入れをされる場合と同様、できる限りお客様のご要望を最優先し、柔軟な制作対応ができるように努めてまいります。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

依頼費用・依頼方法等の詳細を確認する

費用、支払い方法、注文方法、やり取りの方法など、実際に依頼する場合に必要となる具体的な情報についてご説明いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA