PV撮影のご紹介

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表、井村淳也です。

いつもブログを読んで下さり、ありがとうございます!

ソングメーカーのうた

今日、公開させていただきましたが、遂に完成しましたソングメーカーのテーマソング!
「ソングメーカーのうた」
です。

私、井村淳也自らが出演し、歌も歌っています。

CMソングをイメージした、短い作品ですが、たくさんの方に見ていただきたいと思っています!

そして、私の音楽への思いを感じていただけましたら嬉しいです。

さて今回は、PV制作についてお話させて頂きたいと思います。

どんなサービスなのか

PV=プロモーションビデオ
のことです。

このサービスは、作らせて頂いたオリジナル曲にあわせ、動画を撮影して音楽とあわせて映像を制作するものです。
これにより、ただの音楽だけではなく、映像となって目と耳に訴える作品に仕上がります。

歌の歌詞も映像の中で組み込み、また会社のPRソングの場合など、必要があれば要所でテロップを挿入し、効果を高めます。

こちらの撮影出張は、ブログで詳しくご紹介させて頂いております。

そして出来上がった作品は、
・DVD
・YOUTUBEへのアップロード
の2種類で納品。
DVDはご自由にお使いいただくことが可能で、ご自身や知人、関係者の方への配布はもちろん、会社の説明資料や営業用の資料として、商用としてもお使いいただけます。
そしてYOUTUBEにアップロードすることで、広く世界にも映像で音楽に込めた思いを発信できるのです!

また、今はスマートフォンが普及していますから、YOUTUBEのURLを知らせることで
「こんな映像を作りました」
と、簡単にPRすることができます。お相手は、そこにアクセスすればすぐにスマートフォン上で音と映像が流れるのです。

日本全国、インターネットで全く新しい出会いにつながるきっかけとなる。
また、音楽にこめた思いに共感した人から、問い合わせを頂くチャンスを生み出す。

音楽だけではなく、映像にすることのメリットはたいへん大きなものだと思いませんか?

音楽制作者=映像制作者であることの意味

撮影・編集は、楽曲制作者と同じ、井村淳也が担当いたします。
音楽を作った人間が、映像の制作にも携わることで、音楽と完全に一致した映像を作り上げるように心がけています。

音楽のすべてを、実際に自分で作っており、そのうえで撮影に臨むわけですから、既に映像の元となる音楽が完全に頭の中にインプットされた状態です。
ですから、
「イントロはこんなイメージ」
「サビは、あんな雰囲気だからこういう絵が合うのでは」
「この歌詞が出てくるところでは、是非このシーンを入れたい」
といったことを、誰よりも分かっている人間が撮影を行うわけです。

ビデオカメラによる撮影は、常にその現場ごとに対処が異なりますし、お客さまとなる相手も違います。
限られた時間、条件のもと、その瞬間瞬間で判断力が問われます。

そんな時、
「もともとの楽曲を作った本人」
が撮影を行うことのメリットは、とても大きいものだと考えております。

そして、撮影だけではなく映像の編集も、私、井村淳也が行います。

これにより、インプットからアウトプットまですべて一貫した制作が可能となります。

限られた予算のなかで、少しでも良い作品を仕上げるためにはどうすればいいのか。
音楽制作とあわせ、映像制作も行う立場として。
2008年の創業以来、長く求め続けたテーマの答え、そのひとつの形だと考えております。

撮影当日の流れ

PV撮影は、基本的にお客さまご指定の場所まで、こちらから伺います。

撮影自体は何時間かかけて行いますが、最終的には数分間のオリジナル楽曲にあわせて編集することになります。
同じシーンを何度も撮影し、その中から最も良いものを採用する。
という方法を取りますので、失敗したシーンがいくつあっても大丈夫です。

どうしてもビデオカメラを向けられると、緊張してしまうものですよね!
でも、ご安心下さい。

撮影は何度でもやり直しが可能ですし、それによる追加費用や、映像が劣化するような心配もありません。

私自身も、できるだけ、お客さまに安心してリラックスして撮影に臨んでいただけるよう、常に心がけております。

内容は自由自在!ご相談のうえ

そして映像の内容ですが、すべてお客さまのアイデア次第で、自由に構成可能です。
もちろん、
「映像制作などやったことがないから、イメージが浮かばない」
という場合は、こちらからご提案させて頂くこともできます。

[素材と構成の一例] ・建物
アップか、離れてなのか。角度はどちらからか。時間帯は。
・ロケ地の風景
有名な景勝地。近所の名所。好きな公園や海、山、川など。
・出演者の方
動かないのか、少し歩きながらか。カメラ目線か。何かをしている最中とか。歌い手の方であれば、歌のシーン。
・大勢で記念撮影風
関係者の方が多くいれば、皆さんが入る形で。ひとり、ふたりと増えていく形でも面白い。
・スタッフ紹介
ひとりひとり、簡単なテロップとともに。動きのある効果を入れてみる等。

などなど、アイデア次第でこれはどんな風にも作れます。
映像は音楽と同様、自由に作ることが可能ですから、是非、世界にひとつだけの音楽とあわせて、個性的な映像を作ってみませんか?

依頼費用・依頼方法等の詳細を確認する

費用、支払い方法、注文方法、やり取りの方法など、実際に依頼する場合に必要となる具体的な情報についてご説明いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA