結婚式・記念日に贈る歌 レコーディングのやり方、流れについて

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表、井村淳也です。

結婚式・記念日に送る歌、サプライズソング。
出来上がった楽曲には、是非、歌まで入れていただきたいと思います。

歌、の良さ。
それは何と言っても歌詞があり、その言葉に乗せて人間が歌うことで、より、その言葉に込めた思いがリアルに、生き生きとしたものになるということです。

たくさんの思いを伝えるための、結婚式・記念日に贈る歌だからこそ、歌入れまで行っていただきたいと考えています。
今日はその歌入れについて詳しくご説明いたします。

大きく分ければ、歌入れを当方で行うか、お客様ご自身で歌っていただくか、そのいずれかになります。

一番多い形 当方で歌入れ

これが一番多いご依頼になります。
当方で歌い手さんを用意し、その方が歌入れをする形です。
事前に担当の歌い手さんのサンプル音源を聞いていただき「この方でよろしいでしょうか」というご確認をお客様にしていただきます。

メリットは、やはり手軽に依頼できることと、安定した歌唱力が期待できることです。
ソングメーカーでご紹介する歌い手さんは、皆さんこれまで多くの歌のお仕事をこなしてこられた方ばかりの実力派揃いです。

また、歌入れまでをこちらで行うことになりますので、お客様は完成までお待ち頂ければ大丈夫という手軽さがあります。

お客様ご自身で歌いれ

昨今、多くなってきているのがこの形。
出来上がった楽曲に、ご自身での歌入れを行います。

何と言ってもそのメリットは、自分自身の声で届けられるということです。
私は長年、楽曲制作とそのレコーディング対応を多く行ってきました。
その中で強く感じてきたことは、
「歌で一番大切なことは、技術面よりも、どれだけ思いを込めて歌えるか」
ではないか、ということです。

少しくらい音程をはずしても、声が震えてしまったとしても、
そこに強く思いを込めた歌であれば、その価値はとても大きいもの。
そう考えています。

ご自身での歌入れには、2通りの方法があります。以下、説明いたします。

スタジオでのレコーディング

お客様と一緒に、制作者の井村がスタジオにご一緒させていただき、その場でレコーディングします。
私、井村がレコーディングエンジニアとして対応いたします。
楽曲を作った本人ですから、制作時点からの一貫した対応が可能となります。

その場で行うことの良さは、他にもあります。
お客様は歌うことに専念できるということです。
また、レコーディングは通常、納得の行く録音ができるまで何度でも歌い直し、より良いものに近づけていく作業となります。
「この部分はOKだけど、他の部分がいまいちだった」
というように、楽曲全体が一発でOKとなることはあまり多くありません。

そういった際にも、細かい編集作業などもその場で対応でき、実際に聞いていただくことができますから、歌うことだけに集中してレコーディングに臨めます。

スタジオは、東京・神奈川のスタジオであれば交通費は必要ありません。
その他の地域で行う場合でも、こちらから機材を持って伺うことができます。
できる限り、お客様の負担が少ないような形で、リラックスして歌って頂ける進行を心がけております。

録音機材を郵送してのレコーディング

もうひとつは、スタジオではなくご自身の好きな場所、例えばご自宅などで都合のいい時にレコーディングしていただく形です。
この場合は、こちらから録音機材を郵送しますので、そちらをお使いいただき、ご自身でレコーディングをしていただきます。
機材といっても簡単に使えるもので、大きさも手のひらサイズ。
これまで多くの方に使っていただき、実際にレコーディングを行ってきました。

メリットとしては、スタジオ入りするよりも費用を抑えられることと、自分の好きな場所で好きな時にできることです。
やはり自分の慣れた場所のほうがリラックスできるから、自分でやったほうがいい!
と言う方には是非おすすめしたい形です。

以上、歌いれについてご説明させていただきました。
ご依頼ご検討くださっている方には、参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

依頼費用・依頼方法等の詳細を確認する

費用、支払い方法、注文方法、やり取りの方法など、実際に依頼する場合に必要となる具体的な情報についてご説明いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました