音楽家お父さんの自己紹介2~静岡生まれ作曲ひとすじ25年!

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表、井村淳也です。
今日もブログに来て下さってありがとうございます。

もういくつ寝ると

今年も早いもので、あと数日になってしまいましたね!

毎年、年末になると改めて感じることは、今年も一年たくさんの人たちに支えられて過ごすことが出来たなあということ。
お客様はもちろん、関係者の方や、ファンの皆様。
そしてもちろん、家族。
そんなたくさんの人たちに感謝の気持ちを新たにするのも、こんな時期だったりします。

私の仕事は、音楽を作ることです。
私の音楽を必要としてくださる人がいなければ、私の仕事は無くなってしまいます。

2008年に独立して以来、そのことを痛感しながら生きてきましたが、やはり年末になると改めてその気持ちが強くなります。

本当にありがとうございます!
皆様のおかげで、このお正月も家族と一緒にお餅を食べることが出来ます。

お餅は、私の大好物です!
皆様への感謝の思いを感じながら、おいしく頂きたいと思います。

さて、今回は前回の
音楽家お父さんの自己紹介1~静岡で生まれ静岡で育つ!
続きになります。

いわゆる自己紹介

静岡県で生まれ、高校生までを過ごしました。これはいわゆるステレオタイプな静岡の画像。「ジス・イズ・静岡」という画像です。

家族構成は、父、母、兄と私の4人家族です。実家では高校卒業までを過ごしました。
そして今は、私、妻、息子の3人家族で、神奈川県相模原市に住んでいます。高校卒業後は、東京~神奈川にずっと住んでいますので、関東のほうが長いんですね。

そんな私の血液型は、O型です。
ちなみに家族全員、O型なので、生粋のO型。押しも押されもしないO型。自他共に認めるO型。です。

ところで皆さんは、「血液型占い」信じるほうですか?
大体言われるO型のステレオタイプ的性格は
「おおらか」
「親しみやすい」
「リーダータイプ」
なんていうところをよく聞きますよね。

私の場合は、どうなんでしょうか?合ってるといえば、合ってる様な・・・
血液型占いというのは、どれもなんとなく合ってるような気がしてきませんか?

井村淳也の性格は?

自分で認識している自分の性格は、
「温厚、素直、涙もろい、分析屋、浮き沈み激しい、基本的には楽観主義」
となっています。

一つ一つご説明しますね。

  • 温厚
    ほとんど怒ることがないので、まあ温厚だろうなと。知人は、私の怒ったところを見たことがない、という人が大半かなと思います。
  • 素直
    わりと額面どおりに何でも受け取ってしまうんですよね。
    テレビ番組等について「これはヤラセだから」と言われると、「ええっ!そうなの?!」となるタイプです。
  • 涙もろい
    ポケモンとかドラえもんとか、くまのプーさんピグレットムービーとか、「いまどき子供でも泣いてくれないんじゃないのか」というシーンで涙腺が危なくなります。家族で「妖怪ウォッチ」を映画館に見に行った時、小さい子供の騒ぎ声が響く中、周りで泣いていたのは私だけでした。
    友情とか、家族愛をテーマにされるとダメですね。
    基本、感情移入しやすいタイプなんだと思います。
  • 分析屋
    深く掘り下げて考えるのが好きなんですよね。何か物事を捉えるときも、理由を突き詰めて色んな側面から考えてみたりします。
    そんな風に考えるあたり、もしかして自分は「理系」なのかなあと思うときもあります。実際は文系に進んだんですけどね。
    音楽家には理系が多い、と聞いたこともあり、どこかで間違えちゃったんですかね?
    でも、国語は小さい頃からずっと好きな教科だったことも、確かなんですけどね!
  • 浮き沈み激しい
    これは落ち込むと結構、引きずるタイプなので・・・逆にひとつでもいいことが起こると、あっさり回復したりもします。
    根が単純」なんだろうな、とも思ったりしますね。
  • 基本的には楽観主義
    わりとのほほんとしてるし、楽観的な考えがベースになっている人間だと思います。
    結構、小さい頃からいろんなピンチに遭遇しつつ、克服してきてるので、「何とかなるでしょ」っていう感じですかね。
    言い争いとかもほんと苦手で、平和主義でもあります。

    井村淳也の趣味は?

    さて、自己紹介の最後にご紹介するのは、私の趣味。
    なんですが・・・実はそれほど趣味らしい趣味がないんですよね。

    実際、音楽を作ることが長いこと趣味ではあったんですが、今はそれがそのままお仕事になった感じで。
    自分が最も熱意を注いでやってきた趣味でしたから、その趣味が仕事になったことで、趣味のない人になってしまったようなところはあるんですよね。

    それでも自分が好きなことをいくつかあげてみますね。

  • ドライブ
    基本、車が好きなので、一人でも、家族とでも、車に乗ってどこかに行くのは大好きです!仕事のアイデアに煮詰まったときなど、あてもなくドライブに行ったり。気分転換にもなりますしね。
    ただあまり体力が無いので、遠距離は苦手ですが・・・あと、洗車も地味に好きだったりします。
    以前静岡に出張した時、帰り道の高速道路で。
    なんだか疲れが取れず、高速に乗って最初のサービスエリアで休憩していたところ、お客さんから電話がかかってきて
    ええっ、もう休憩してるんですか?!
    と笑われたことがあります。
  • サイクリング
    仕事が基本、デスクワークですから、どうしても運動不足になっちゃうんですよね。
    その対策にもなるので、機会があればよくチャリチャリと走ってます。ただやっぱり体力が無いので、それほどスピードを出したりはせず、まったり派です。自転車本体やパーツなどに特にこだわりがあるわけでもなく、ただ走ってるだけですけど、とても楽しいです。
    春は花粉症が辛いので、夏から秋が最高に気持ちいいですね!
  • お菓子(趣味と言えるのかな?)
    お菓子が好きでよく食べます。
    以前は夜もよく食べていましたけど、年齢的にさすがに次の日の朝後悔するようになりました。(胃が・・・)
    もっぱら、午後の間食で楽しんでいます。
    甘いものも大好きなんですよ!和菓子、洋菓子、中華菓子、何でもござれです。
  • ネットサーフィン
    ちょっと言葉が古いような気もしますが・・・
    基本、インターネットが無くなると、生活がどうなっちゃうか分からないタイプの人間です。情報を自分で探しにいくのが好き、とも言えますね。
    「Wi-Fiが使える」と聞くと、それだけで少しテンションが上がります。
    仕事柄、インターネットとかパソコンを多く使う機会があるので、どうしても新しい情報に敏感なんですね。
    あとは買い物もインターネットでよくしています。じっくり選べるし、お得に買うこともできる。本当に便利なインターネットですね。
  • 映画
    ベタな感じですが、映画も好きです。
    ジャンルは基本、楽しい感じの映画が好きですね。比較的洋画のほうが好き。
    「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
    「天使にラブソングを・・・」
    「ショーシャンクの空に」
    「ロード・オブ・ザ・リング」
    王道ものばかりですが、このあたりが特に好きです。おっと、恋愛ものが一つもありませんねえ・・・
    好きな俳優は、レオナルド・ディカプリオ。「シャッターアイランド」で好きになりました。「タイタニック」では、もちろん、普通に泣ける派です。
    ホラー映画は見れません。私の場合、人生に悪影響が出ます。
  • ゲーム(結構あるね、趣味)
    ゲームと言っても今主流のスマホではなく、基本、テレビゲームですね。
    最近はさすがに、あまりやらなくなってしまいましたが、バリバリのファミコン世代ですから、人生でテレビゲームに費やしてきた時間は相当なものです。ファミコン&ディスクシステム、PCエンジン、メガドライブ、スーパーファミコン、プレイステーション1&2、あたりまでが守備範囲でした。
    少し前に、息子とポケモン勝負をするために3dsを買ったんですが、ゲーム機を買ったのはほんと久しぶりでしたね。(結果は、惨敗・・・)
    他にもいろんなゲームにいろんな思い出がありますので、これは別途、ゲーム専用のカテゴリーをブログに作ってそちらでお話させて頂きますね!
  • 子供と遊ぶ
    何だかんだでこれが一番多いのかもしれません。
    私がサラリーマンをやめて独立した理由のひとつは、家族と過ごす時間を作りたかったからなんです。
    子供が小さいうちは、できるだけ一緒に遊ぶ時間を作りたくて。
    大きくなったら、自然と離れていってしまいますから。
    その分、朝晩に仕事をしなくてはならないのですが、それは自分で頑張れば何とかできる問題ですからね。
    小さい頃のごっこ遊びから始まり、プラレール、レゴ、キャッチボール、相撲、けん玉、恐竜とか戦隊ヒーローのオモチャ。
    最近は、一緒に絵を書いたり、虫取りに行ったり、3ds、テレビゲームなんかもしますね。お互いに「遊ぼう~!」って言って毎日、何か一緒にして過ごすことがほとんどです。大人になったら、もう今のように遊べなくなってしまうのは少し寂しいですが・・・
    でも、一緒にお酒を飲もうと言ってますし、ドライブに連れて行ってくれるそうで、今から楽しみにしているんですよ!

いかがでしたでしょうか?
私、井村淳也のことが少しは伝わりましたでしょうか?
「なんだかよく分からないけど、とりあえず体力の無い人なんだな」
と覚えて頂ければ幸いです。

では、今回の記事はこのあたりで。次回からは、私がどうして音楽の世界に惹かれていったのかをお話させて頂きたいと思います。今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

お問い合わせ

お問い合わせはお気軽に。親切丁寧に対応いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA