直接お会いしての打ち合わせ

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の50番目、全体では122番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

ソングメーカーでは、ご依頼をご検討下さる際、インターネットだけですべて完結することも可能です。一方で、

どうしてもインターネットの情報だけでは不安・・・

という方もいらっしゃるかと思います。

「作る人はどういう人なんだろう?」
「本当に信頼できるのだろうか?」
という不安に思われたり、
「ホームページやメールのやり取りだけでは分からないことを直接聞きたい」
「電話だけではなく、実際に会って詳しいことを打ち合わせしたい」
と、お考えになる方もいらっしゃると思われます。

実際、そういうお声をこれまで多く頂いてきました。

ソングメーカーでお届けするものは、オリジナル音楽です。
日本中、どこで買っても同じものが手に入る、既製品とは違います。

だからこそ、依頼する前に色々と確かめておきたい。

そんな思いに、ソングメーカーはいつでもお応えいたします!

「こんなことを聞いたら悪くないかな?」
「わざわざ遠くまで足を運んでもらうのは申し訳ない」
「色々と聞いてみたいけれど、音楽の知識がないので、うまく聞けるかどうか分からない」
今まで、このようなお客様のお声を多く頂いてきました。
ですがどうか、安心して下さい。

私、井村淳也は、

いつでもお客様の思いに寄り添い、心を込めたやり取りをさせて頂くことを、お約束いたします。

打ち合わせの場所は、日本全国どこでも大丈夫です!
是非、お客様のお住まいの地域まで、井村をお呼び下さい。喜んで伺います。
お伝えいただくことは、音楽の専門的な内容、専門用語などの知識は一切必要ありません。
どうか、お客様の思いを、ご自分の言葉で伝えて下さい。

私にとって、音楽を通じた出会いは、どれもかけがえのない大切なものです。
ソングメーカーは2008年の創業以来、多くのお客様にご依頼を頂いてきました。
お客様のご期待にお応えできるよう、精一杯、音楽を作らせて頂きます。

ソングメーカーを選んで下さったこと。
お客様とお会いできるとき、私はその喜びを胸いっぱいに感じています。

いつも、ありがとうございます。

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

お客様の思いを、尊重するということ。

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の49番目、全体では121番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今回は、お客様の音楽への思い、ご要望を、何よりも尊重するということについてです。

これは私自身の生き方にも関係するお話になってきます。

私は以前、長い間、持ち続けた夢がありました。
それは、自分がミュージシャンとして、プロデビューしたい!というものでした。
自分で音楽を作ることは今と同じですが、さらにそれを自分が人前でパフォーマンスする、歌や演奏を聴いてもらうということです。

言ってみれば、「ロックスター」になりたかったんですね。
ロック大好き、エレキギター命。の私にとっては、それは大きな、本当に大きな憧れでした。

しかし一方、自分の元々の性格や、過去の人間関係での経験から、私は人前に立つことがどうしても得意ではありませんでした。。。
音楽で生きていきたい、という思いはあるものの、それを表現していく方法をうまく見つけられなかったんですね。
心の中にある音楽への思いを、うまく形にしていくことができなかったんです。

それは私が音楽を本格的に作るようになった、大学時代から、サラリーマン時代までの12年間ほどだと思います。
その12年間、私は自分の中で大変に苦しみ、悩みました。
音楽の道を諦めようとしたのは、何回あったか分かりません。
そんな中で社会にうまく溶け込めず、いったい自分はこれから先、どうやって生きていけばいいのか、途方に暮れる日もありました。

そんな私が、悩みながらも見つけたひとつの答えが、「音楽を作る」ということに特化するという生き方だったのです。

自分が長い時間をかけ、積み上げてきた音楽への思い、知識、技術、経験。それを必要として下さる人のために、精一杯音楽を作ろう。

そんな思いではじめたのが、今こうして私が運営しているソングメーカーだったのです。
おかげさまで、2008年の創業以来、10周年を迎えることができました!

誰かのために、音楽を作る、という生き方。
それが実現したとき、私は「自分の求めていたものは、これだったんだ!」と気がつきました。

それは私にとって、思いがけない幸せを運んでくれました。
お客様が、私の音楽で喜んで下さることです。
「いい音楽をありがとう」「依頼してよかった」「とても気に入っています」
そんなお言葉、ご感想をいただけたとき。
私は本当に、幸せな気持ちでいっぱいになります。

そんな感謝の思いを、お客様にお届けするために必要なこと。そのために、

もっとも大切なことのひとつが、「お客様の音楽への思いを尊重する」

ということです。

誰かのために、音楽を作るということ。
たくさんの人たちの、たくさんの音楽への思いを形にするということ。
これまで900曲以上のご依頼を頂きましたが、そのたびに新しい発見があります。
「こんな考え方もあるんだ!」「そうか、そういう感じ方もあるんだな・・・」と、本当に人それぞれの音楽への思いがあることに、いまさらながら驚かされます。

そしてその、一つ一つの思いは、すべてがオリジナルです。
だからこそ、その思いを尊重して、何よりもお客様の思いを実現できるようにする。

その先にお客様の満足があり、「音楽で喜びを、幸せを届ける」ことにつながるのですから。

だからこそ、ソングメーカーではお客様の思いを尊重するということを、もっとも大切にしています。

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

後払いシステムの説明と、その理由

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の48番目、全体では120番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今回は

ソングメーカーでの「お客様を守る3つの取り組み」のうちの1つ、後払いシステム

についてご説明させて頂きます。

以前の記事でも軽く触れましたが、これはお客様に安心してご依頼いただけるため、ソングメーカーが2008年の創業以来、守り続けている方針の1つです。

その仕組みについて、まずはご説明しますね!

通常、買い物をする際は
・物と交換でお金を支払う
もしくは
・先にお金を支払う
ことがほとんどかと思います。

直接、お店で物を買う場合はお金と交換で払いますよね。
また、インターネットで何かを買う場合でも、先に振込みなりクレジットカードなりで支払いを済ませ、後は届くのを待つ。遅くとも、代金引換で届いたときに交換する。
といったように、少なくとも買いたいものが手元に届いた段階では、すでに支払いを済ませているのがほとんどかと思います。

それに対し、ソングメーカーでは以下のような流れになっています。

1 依頼する。
2 制作を開始し、途中経過の仕上がりを待つ。
3 途中経過の音源を確認する。

ここまで来て、初めてお支払いが発生することになります。

「実際にどのような仕上がりになるのか」を確認してからのお支払い。

それがソングメーカーでの基本システムなのです。

ではなぜ、そのシステムを採用しているのか。
オリジナル音楽は、既製品ではありません。
またすべてのご依頼が、完全オーダーメイドです。
ご依頼を頂いてから作り始めます。

世界にひとつだけのオリジナルソングですから、実際にどんな楽曲が出来上がってくるのか、不安に思われることも多いかと思います。

期待半分、不安半分・・・と、いう感じでしょうか。
場合によっては、不安のほうが大きいかもしれませんね。

それは、いたって当たり前のことだと思います。
ただでさえ、音楽制作という、普段あまりなじみのないものを依頼してくださるのですから、余計にどんなものが出来上がってくるのか不安ですよね。
しかも現代はインターネットで世の中のさまざまな商品の情報も簡単に手に入れることができます。

しかし、オリジナル音楽は「そこにしかないもの」です。

私、井村が作らなければ生まれてこないものです。
だからこそ不安になる。。。というものですよね。

もちろん私は、いつも思いを込めて大切に音楽制作をさせて頂いております。
お客様にご満足いただける自信もあります。
しかし、だからといって「大丈夫です!信じて下さい!」という思いだけを押し付けるのは、お客様の不安につながってしまうのではないかと思うのです。

それならば、少しでもお客様のその不安を取り除くことができないだろうか・・・と、考えた結果生まれたのが、この後払いシステムなのです。

また私は、少しでも自分がどういう人間なのか、普段なにを考えて音楽を作っているのか、少しでも知って頂けるよう、こうしてブログやSNSで思いをつづっています。
そうした取り組みも、やはりお客様に少しでも安心して頂きたい!という思いの表れです。

事業として音楽制作を続けていく以上、お客様からお金を頂かなくてはなりません。であるならば、

そのために必要なこと、やるべきこと、お客様のためにできることを常に考えながら、形にしていくように取り組んでおります。

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

信頼関係を大切にしたい

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の47番目、全体では119番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今回は、お客様と私との、信頼関係についてお話させて頂きます。

ソングメーカーでは、音楽を通じたコミュニケーションを大切なものとし、経営理念の基本方針として掲げています。
その中にはお客様との信頼関係も含まれています。

もとより音楽を作ることをお仕事とさせて頂いているのですから、お客様がご依頼して下さるとき、
「この人を信じて頼んでみよう!」
と考えて下さっているのではないでしょうか。
オリジナル音楽は、既製品ではありませんから、どこで買っても同じということはありません。
ソングメーカーでお届けする音楽は、「世界にひとつだけのオリジナルソング」ですから、なおさらお客様の思いが強く反映されているはずです。

世の中に、音楽を作れる人はたくさんいる。
その中であえて、私、井村淳也を選んで下さったということ。

それは、私を信じて、思いを託して下さったからだと思うのです。

とてもありがたく、幸せなことです。
そして同時に、それだけの責任を負っていることでもあります。

お客様の信頼にお応えしたい!
お客様にご満足いただける作品を作りたい!

そんな思いでいっぱいになります。

そしてまた、そのお客様の信頼に対し、ソングメーカーでもお客様を守れるような仕組みをご用意したい、と考えました。

それが、
・後払いシステム
・キャンセル制度
・修正無制限かつ追加費用なし
なのです。

それぞれの詳しい説明はまた、別の機会にいたしますけれども、どれもお客様のことを信頼しているからこそ生まれたものです。
もっとも事業として続けていく以上、利益を出し続けなくてはなりませんから、「利益を追い求めることを優先するビジネス」として考えるならば、必ずしも適切ではないのかもしれません。

しかしそれでも、私は

お客様との間に信頼関係を築き、守っていくことが、音楽を作ることと同じか、それ以上に大切なことではないか

と考えています。
そしてそれは、私が音楽家として、音楽を作ることをお仕事とさせて頂いていることへの、感謝の思いを形にしたものでもあります。

私の作る音楽を評価して下さり、依頼して下さるということへの感謝の気持ちをいつまでも忘れないように。
ソングメーカーではこれからも、「音楽を通じた信頼関係の構築」を大切にしていきたいと考えております。

 

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

楽曲の構成をどうするか。

(カテゴリー「制作日記」の1番目、全体では118番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今回は、楽曲の構成について。

考えているところをお話しさせて頂ければと思います。

構成、とひとくちに言っても、いろいろなパターンが考えられます。

イントロから入るのが普通ですが、例えばイントロをどのくらいの長さにするのか?だったり、そこからAメロ・Bメロとつなぐことも一般的です
が、それらの長さのバランスも重要な選択です。

常日頃、そういった選択を繰り返しながら、音楽制作をしています。

少し余談ですが・・・
「人生は、選択の連続」とはよく聞く言い回しですよね!
それと同様、「音楽制作も選択の連続」だなあと、改めて感じます。

ゼロから作り上げていくオリジナル音楽なので、最初からとても自由で、多くの選択を積み上げて仕上げていきます。
それだけ、作り手の個性、思いを込める機会が多いとも言えるではないか、とも言えるのではないでしょうか。

さて、そんな選択の多い音楽制作ですが、私が基本ポリシーのように考えていることがあります。それは

「飽きさせない構成、何度でも聞いてみたくなるような楽曲作り」

ということです。

誰でも、お気に入りの楽曲ってあると思うんですよね。もちろん、私にもあります!
そういう曲はたいてい、一度だけ聞いて終わり。ということはなく、何度も繰り返して聞いているのではないでしょうか?
しかも、その都度ライブ演奏を聴くわけでもなく。
そういうケースももちろんあるでしょうけど、生活のほとんどは、すでに出来上がった音源、同じ音源を何度も繰り返して聞くことになる場面が多いですよね。

ライブなら、毎回毎回、二つとして同じ音にはなりませんが、既にできている音源は、何度聞いても同じもの。

にも、関わらずです。お気に入りの曲なら、何回でも、何十回でも聞いても苦になりません。むしろ、それを楽しんでいる人が多いですよね!

これって、実はとってもすごいことだと思いませんか?

どういう音が流れてくるのか、わかっているにも関わらず、何度でも何度でも繰り返し楽しめる。
それも、音楽の不思議な魅力の一つではないかなと思うんです。

だから私は、自分自身でもそんな音楽を作りたいと強く思います。

では、そのために必要なことは何なのか?
聞く人から長い間愛され続け、飽きることなく、色あせることなく、輝きを放ち続けるような楽曲にするにはどうすればいいのか?

これは、本当にたくさんあるかと思いますが、私は常にそれを意識して制作をしたいと考えています。
私が音楽を作るようになり26年。その間ずっと、追い求めてきたテーマでもあります。

たとえば構成を考える際も、しつこいもの、無駄に長いもの、逆に展開が早すぎたり強引すぎたりするものは避け、自然に耳に入ってくるような音
楽を作りたいと思うんです。

それが、耳に残る音楽に、そして心に残る音楽へと、聞く人の中で成長していけるのではないか、と思っているのです。

また良い楽曲の条件として、メロディラインが良いことはまず基本となりますが、それが楽曲の構成と結びつき、お互いを高めあえるような関係で作っていければと考えています。

今回のテーマは、とても難しいテーマです。
簡単に答えを出せるようなものではないのですが、私自身、今までも、これからも、その答えを探し求めていきたいと思っているのでした。

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

音楽制作のプロとしての心構え

(カテゴリー「音楽への思い」の15番目、全体では117番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

私は音楽を作ることをお仕事にさせて頂いている立場から、常日頃心がけていることがあります。それは、

自分の経験から積み上げてきた、「良い音楽とはどういうものか」という感性を大切にしながら、常に新しい音楽性を追求していく

ということです。

音楽を作る方であればおそらく、どんな方でも同じだと思うのですが、「得意とするパターン」というものが必ずあるはずです。

それは、メロディラインにしろ、和音の選択にしろ、楽器の使い方にしろ、様々なところで影響があるものです。
そういった自分のパターンに落とし込めば、ある程度、楽曲の仕上がりを計算することができます。

「こう作ればこう仕上がる」ということが、経験的にわかる、ということです。
ですが、そればかりに頼っていては、どうしても似通ったような楽曲ばかりになってしまう恐れもあります。

とは言え、お客様がご依頼して下さるときは「私自身の過去の制作実績」を聞いてくださったうえで、イメージに近いと感じて下さり、依頼につながる。
ということもあるはずですので、大きく自分の音楽性を逸脱するようなことは避けるのですが、それでも常に、

「自分の音楽性・自分に作れる音楽の枠・限界」のようなものをイメージし、そこを少しでも良い方向に広げていけるよう、心がけています。

この「良い方向に」というのがとても大切で、同時に難しいところでもあります。

実は以前、私自身が苦い経験をしておりまして・・・

「新しい音楽を作ろう、今までの自分になかった音楽表現をしよう」と思うあまり、とても複雑で分かりにくい、心に響かない音楽になってしまった。
ということがありました。

自分としては、むしろ大変な思いをして作っているのですが、結果に結びつかなかった。
良い音楽というものから、どんどん遠ざかる結果になってしまったいたのですよね。

つくづく、音楽のむずかしさ・奥深さに改めて気が付いた出来事でした。

「努力するだけではだめ」と、言うことですね。
色々考え、工夫して、そして最終的な形にすること。
自分以外の人が聞いても、自分が描いた音楽のイメージを同じように感じてもらえるかどうか。

そういったことをいつも考えながら。

一言で言えば、音楽に対する向上心を、常に持つこと。
そして同時に、バランスを保ちながら、期待に応えられるような音楽を作れるようにすること。結果を出すこと。

そんな思いを常に抱きながら、音楽制作をしております。

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

インターネットがつなぐ無限の出会い

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の46番目、全体では116番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今日はインターネットを通じた出会い、ご縁についてお話させて頂きますね!

ソングメーカーでは、ほとんどのお客様がインターネットを通じ、ホームページを見てくださってご依頼をして下さいます。

新規のお客様とリピーターのお客様の比率は、おおむね7:3ほど。
それだけ多くの方が、ソングメーカーのホームページを見つけてくださり、興味を持ってくださっているということになります。

ソングメーカーのホームページは、2008年の6月に立ち上げました。
間もなく10周年となりますが、10年もの長い間、日本中で様々な方がソングメーカーの存在を見つけてくださったことに、改めて驚きを感じます。

今更言うまでもありませんが、インターネットの可能性はまさに、無限大です!

以前、私は9年間の会社員生活を経験しましたが、その生活ではまず絶対に出会えたなかった人たちと、数多くつながることができているのですから。。。

とてもありがたいことですし、そのご縁を大切にしていきたいな、と感じます。

それは、音楽の世界と似ているようにも感じます。
音楽も、その無限の可能性が大きな魅力の一つですよね。
オリジナル音楽を作る、ということは、新しい世界を作り上げることにも等しい、と感じています。

ですから言ってみれば、新しい出会いが新しい世界を生み出す、そのお手伝いをさせて頂いているとも言えるのではないでしょうか。

反面、インターネットというのは顔が見えない分、不安に思われる方もいらっしゃいますよね。

「この人はどんな人なんだろう?」
「本当にちゃんと作ってくれるのだろうか?」
「お金の問題は大丈夫?」

そんな不安を感じられることも、しばしばあることかと思いますし、それが普通のことですよね。ですから、

ソングメーカーでは、そういった「インターネットならでは」の不安をできるだけ取り除けるよう、努めております。

事前に安心、納得していただき、ご依頼をしていただけるような仕組み作りを、常に意識しています。

インターネットを通じた出会いが、素晴らしいものでありますように!

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

音楽の自由さと、だからこその難しさ。

(カテゴリー「音楽への思い」の14番目、全体では115番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

音楽の自由さと、だからこその難しさ。

についてお話させて頂きますね。

音楽の表現方法、好み、捉え方は、すべて人によって違います。
「これが正解」というものもありません。

だからこそ、自由なんです。
自由である、というのは、素晴らしいことなのですが、反面、自由であるがゆえに難しい時も出てきます。

それは、依頼を頂いて誰かのために作るとき。

ソングメーカーではすべてのご依頼がオーダーメイドなので、その都度、世界にひとつだけの楽曲を、ゼロから作り上げていくことになります。完全なオリジナル曲です。

音楽に対するイメージは、人それぞれ違うのですから、お互いにとって共通する言語のようなものがありません。

「1+1の答えはなに?」と聞かれれば、誰でも2と答えることができますが、
「明るい、楽しい曲はなに?」と聞かれても、人によって答えは全く異なってくるはずです。自分の考えを押し付けることも、人の考えを否定することもできません。

お客様の音楽に対するイメージを実際の楽曲として作り上げていく、という作業は、一見、正解のないパズルを解こうとしているかのようにも思えます。

自由だからこそ、難しいのです。

ですが、だからこそやりがいもあるし、お客様にご満足いただけたときの喜びは、格別なんです!
お客様が「いい楽曲をありがとう」と言って下さったとき。
自分がこの仕事をしていて、本当に良かった!と感じます。

難しいけれど、だからこそもっともっと、その技術を磨いていきたいです。
たくさんの人からご依頼を頂き、制作していくことで、その数だけの音楽の捉え方、感じ方、音楽表現を身につけていくことができます。
これって、本当にかけがえのない経験をさせて頂いていると感じます!

音楽家・井村淳也は、お客様に育てて頂いているのです。

私は音楽を独学で身につけてきました。
音大や専門学校などで、教育を受けてきたわけではありません。
音楽を作るようになって26年経ちますが、今でもなお、音楽制作に対する新鮮な気持ちは変わっていません。
そんな自分だからこそ、自由であるがゆえの音楽の難しさと、その魅力を深く知っています。

そして音楽制作の楽しさ、奥深さ、素晴らしさを身をもって体験してこれた自分だからこそ、お客様の思いに寄り添うこともできるのではないでしょうか。

もしそうであるなら、これほど嬉しいことはありません。

「私はこの人に音楽を作ってもらったことがあるんだよ」
と、お客様がいつか、誇りに思って頂けるように。

これからも井村は、頑張って音楽を作っていきます!

 

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

お客様の思いに、共感するということ。

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の45番目、全体では114番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

ソングメーカーでは、お客様の思いに対する「共感と尊重」を大切にしています。

今日はその、共感について。

お客様の思いに共感する、ということは、主にその音楽的なご要望についてなのですが。

・お客様がどのような音楽をイメージしていらっしゃるのか
・お客様がどんな音楽を理想と考えていらっしゃるのか
・逆にどういった形の音楽は望まれていないのか

そういった思いを出来る限りそのまま、実際の音楽の形にしていけるように大切に考えております。

そこで大切になるのが、共感力だと思うんです。

なぜなら音楽には、正解がありません。
公式のようなもの、明確に図式できるような決まりがなく、音楽の良さ、というものは、ひとりひとりの感じ方によるところが大きいですよね。

また、自分がいいなと思っていることでも、他の人は全く違う印象を持っている。。。そんなことも、音楽ではよくあることですよね。

だからこそ、いかにお客様の思いに共感できるかが、ご満足頂ける楽曲作りの非常に重要なカギとなります。

「素人なのでうまく説明できないのですが。。。」
お客様はよく、このように仰っしゃります。

でも、どうか安心して下さい!
穿いてますよ!
ではなくて、どんなご意見、お言葉でも・・・井村は全て、しっかりと聞かせていただき、制作の参考とさせて頂きたいのです。

ソングメーカーでは、すべてのご依頼が、ゼロから作り上げる完全オーダーメイド。
世界にたった一つの、特別な音楽を、お客様のためだけに作らせて頂くのです。

だからこそ、いつでもご満足頂けることが、私にとっての何よりの嬉しいことなんです!

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

広島県尾道市の市民の歌をアレンジさせて頂きました。

(カテゴリー「作品・実績紹介」の3つ目、全体では113番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表、井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます!

先日ご依頼下さった、市民の歌制作の楽曲紹介をさせて頂きます。

今回の楽曲は、広島県尾道市が平成30年4月1日に市制施行120周年を迎えられるということで、そのプロジェクトの一環として「尾道市の歌」をリメイクされることとなり、そのアレンジ・音源制作と、歌いれを担当させて頂きました。

大変に光栄なことですし、責任も感じましたが、それだけ身の引き締まる思いもありました。
そして、後世まで残るような、よいものを作りたい。
今回、お声がけ下さったことへの感謝の思いも込め、そんな気持ちで一杯でした!

クライアント様である、市のご担当者様からいただいたご要望は

「ピアノメインのオーケストラアレンジ」

でした。

実はこれ、まさに私が好きなアレンジ形態なのです!

アレンジで気をつけたことは以下です。
・旋律の美しさを引き立てられるように
・ピアノとオーケストラのバランス
・「歌入れ」までを行うご依頼なので、やはり歌がメインの仕上がりとなるように

制作をする上で、資料としていただいたのは、メロディラインの楽譜でした。
メロディライン以外はすべて、こちらで作っていく形になります。
こういった公共的な楽曲、たとえば今回のような市の歌や、校歌などは、旋律が美しく洗練されているものが多いと感じます。
それだけ、アレンジの方向性やさじ加減で、大きく仕上がりに影響を及ぼします。
場合によっては、そのもともとの楽曲の良さを半減させてしまうことにもなりかねません。
そこがアレンジの難しいところでもあり、同時に、奥深さ・可能性を秘めているものでもあります。

ですから今回も、

より、オリジナル楽曲の良さを引き出せるようなアレンジを心がけました。

この楽曲はかなり古いものであると伺いました。
それでも編曲していて、メロディラインの美しさや、後半の展開に思わずグッときました。
やっぱり、音楽は時間を超えて、どんな時代でも色あせず輝き続ける、不思議な魅力を持っているんだなと改めて感じました。

さて今回のオーケストラアレンジでは主に、

バイオリンを軸とした弦楽器を6~7割。
そしてそれ以外を管楽器・打楽器で補う

そんな方向性で考えてみました。
対になるのがピアノですから、バランスを考慮して。
また最終的に歌が入ることも考え、各楽器の比率や対旋律なども考えてみました。

オーケストラ楽曲はしばしばご依頼いただき、制作しますが、作るたびに新しい発見があります。

実際の音にしてみて初めて気がつくこともあり、その奥深さには改めて驚かされますね!

今回、歌いれをご担当くださったのは、佐々木愛さん。
音大をご卒業された、とても実力のある、素敵な歌声をお持ちの歌い手さんです。
もともとの歌詞・メロディの良さ、関係者の皆様の思い、そして佐々木さんの歌声に助けられ、今回、素敵な楽曲に仕上げることができました!

皆さん、本当にありがとうございました。
この楽曲を多くの人に聞いて頂ければ、私もとても嬉しいです。

そして、最後になりましたが

広島県尾道市の皆様。市制施行120周年、本当におめでとうございます!

益々のご発展を、かげながらお祈りしております。

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから