個人的な思いから

最も多いご依頼になります。男性から女性へ、特別な日に特別な形で思いを届ける。
私自身も男ですので、個人的には自然に共感できる形です。
男として、大切な人への思いを届けたい。そんな思いにおこたえします。

私の場合は、結婚する、ということ。その意味、その重みを実感したのは、実は結婚してからでした。
最初は正直

「結婚なんて、紙切れ一枚のものじゃん。」

くらいにしか考えていなかったんです。
紙で交わす約束ごとよりも、二人で一緒に築き上げていく時間、相手を思いやる気持ちのほうが、よほど大事じゃないかなって、そう思っていました。

でも、実際に結婚してみて、そうじゃないんだなと気が付きました。
確かに、二人で過ごす時間は大切です。結婚しなくても共に過ごせる未来もあるかもしれません。
でもそれとはまた違う大切なこと、それが、結婚するということなんじゃないかなと思います。

確かに行為としては、紙切れ一枚のことかもしれない。
でもそこに二人の気持ちを、これから先の自分の人生を相手とともに過ごすという約束を、二人だけではなく、広く世間にする。
そこには大きな責任もあるし、重みもある。それは時として、楽しいことばかりが待っている未来ではないかもしれない。
でもその未来を二人で力をあわせて支えあい、足並みをそろえて少しずつ、同じ方向を向いて生きて行くこと。
お互いを思いやって大切にしていく、世界中の他の誰でもないただ一人を選んで人生を共にする決意を、結婚という行為に込めること。

それが結婚ということの意味ではないかなと感じています。

曲調、雰囲気

特にこんな曲調がいいとか、望ましい、ということはないと考えています。
自分の思いを伝えられるのにふさわしい音楽であれば、それがきっと最適なのではないでしょうか。
一人一人、まったく違う形の表現でいいと思うんです。
そうすることで、特別な結婚式の演出にもつながるのではないでしょうか。

ここでは一つの例として、私が以前作ったオリジナル曲をご紹介します。

二人の出会いから、思いを寄せ、一緒に過ごすようになり、永遠の愛を誓う…
そんな、言ってみればベタな内容かもしれませんが、それだけ分りやすくストレートな内容としました。
特にこういった場面で使う曲というのは、言ってみれば気取った言葉や表現をするよりも、まっすぐな思いをそのまま伝えた方がきっと、お相手の心に届くのではないかと思います。

My dream is your dream~同じ夢を抱えて

説明

結婚式で贈る歌のサンプル曲として作りました。

制作内容

作詞・作曲・歌いれ・スライドショー制作

こだわり

男性から女性へ贈る歌という形で自分自身の思いも込めて作った曲です。壮大に盛り上がるバラードをイメージしています。

歌詞を見る
気づけばいつもそばにいた 悲しいこともあったけど
今ならもう きっと誓える 君だけを守り抜くと

同じ夢 追いかけた君と 初めて会ったキャンパスで
桜の下 見つめ合った あの頃がやけに愛しい

真夜中に呼び出されて 震えていた君の肩を
きつく抱きしめたよ 誰にも君を渡さないように

あの日から長い時間を 君と僕過ごしてきたね
今日からは二人ずっと 同じ空見上げながら
いつまでも歩いてゆこう

いつしか夢破れたけど 君さえそばにいればいい
そんな思い抱えながら 新しい日々を迎えた

現実に疲れ果てて 君と会えばけんかばかり
突然の転勤 二人の心も離れてしまった

遠い空会えない日々に 君からの手紙を読んで
気づいたよ君が僕の 大切な人なんだと
無くせない人なんだと

悲しみを分かち合おう 喜びも分かち合おう
これからは二人次の 同じ夢抱えながら
いつまでも歩いてゆこう

お気軽にお問い合わせください。親切丁寧に対応いたします。03-6811-7198受付時間 9:00-18:00 [ 水・土除く ]

お問い合わせ

制作者はどんな人なんだろう?

結婚式は長い人生でも特に重要なイベントです。その大切な式で贈る歌を、心を込めて作らせていただきます。制作者の思いをお伝えします。