トップページサイト全体に関する情報実際に制作してきた曲や歌詞の公開各商品の詳細、依頼方法のご説明お客様から頂いたご意見・ご感想
トップページ > 紹介(制作者のこだわり) > 楽器へのこだわり(No.4 ギター)
■ 紹介メニュー

制作者の紹介

お客様への約束

制作者のこだわり
  - 楽器へのこだわり(ドラム)
  - 楽器へのこだわり(ベース)
  - 楽器へのこだわり(ピアノ)
  - 楽器へのこだわり(ギター)
  - 楽器へのこだわり(ストリングス)

曲づくり工場

お気に入りの音楽

見積

作曲や編曲やよさこい(YOSAKOI)曲の依頼ご注文を受け付けております。お手頃な料金と短納期を心がけています。




楽器へのこだわり
使用する楽器、音色に対するこだわりです。決めるべきことがとても多く、非常に奥が深いです。

「どの楽器を使うのか?」「同じ楽器でも、どんな種類の音色を出すのがいいのか?」
「一曲の中で何種類くらいの楽器を使うのか?」「一番多くの楽器が登場するのはどこか?」

等、楽器の数だけ可能性があるわけで、その表現方法は無限と言ってもいいかもしれません。

世界中の楽器の音を出すことも出来ますし、古式ゆかしい和楽器だって使うことが出来ます。

ここでは、制作者の「音」そのものに対するこだわりを述べるとともに、少しでも多くの「楽器の音色」をご紹介いたします。
お客様のイメージにぴったりな音色を是非、探し出してみて下さい。そして、「この音色、気に入った!」という楽器がありましたら、その音色を使って曲をお作りすることももちろん出来ますので、よろしければご依頼の際の参考にしてみて下さい。


(「種類」のところをクリックすると音が出ます。音量にご注意下さい)
■No.4 ギター
説明、用途 制作者の思い入れ、小話等
主に6本の弦を持つポピュラーな弦楽器です。エレキ、クラシック、フォーク、エレアコ、など等種類が豊富ですが、基本的には弦を張り、フレットと呼ばれる区切りごとに半音ずつ音程が変わるという作りで、演奏者から見て手前の方が弦が太く、低い音です。その点はベースと同じです。
弦が6本あるので、同時に全ての弦を押さえて一度に弾いたり、一本だけを弾いたり、2〜3本を弾いたり、いろいろな組み合わせがあります。またピックを持つ手も、手のひらの小指側を弦に押し付けながら弾くと、ミュート奏法と言って少しモコモコした演奏効果を出すことが可能です。
他にも弦を押さえる指を上下させて音程を自由に変化させるチョーキング、弦を弾かずに指で押さえるだけで発音するタッピング、フレットの丁度境目を押さえて弾くことで倍音が出せるハーモニクス、ピックを素早く弦の上をすべらせて「キュイイーン」と発音するピックスクラッチ、など等様々な奏法があり、ギターの魅力や奥深さを一層際立てています。
なんといっても自分が音楽に入り込んだきっかけの楽器です。ギターはとかく、バンドでも人気のある楽器なのですが、初心者には敷居の高い楽器でもあります。ピアノは指で鍵盤を押せばとりあえず音は出せますが、ギターの場合はただ音を出すだけでもはじめはうまく出来ません。コードを押さえるのも難しく、挫折していった人を沢山知っています。
しかし、いざ弾けるようになればとてもカッコイイ。ベースやドラムと違ってほとんど疲れないし、ステージでも目立つし、花形の楽器と言えるでしょう。ギターソロはギタリストにとって至福の時間と言えます。
自分は手の指が短いので、最初は人差し指、中指、薬指の3本だけで弾いていました。小指は全く使えず、コードやギターソロなどでは苦労したものです。
ギターは確かに簡単ではありませんが、練習すればしただけ上手になっていくのが実感でき、とても面白かったです。ライブはもちろん、スタジオ練習などで大音量でソロを弾く時の快感は他では得がたいほど素晴らしいものです。
種類 音色の説明 画像
エレアコ スタンダードなエレアコの音です。そのままソロとしても十分成り立つような、深みのあるサウンドが特徴的です。特に低音の響きが美しいと思います。 (左側)
エレアコ(エレクトリックアコースティックギターの通称)です。エレキギターとアコースティックギターを合体させたようなもので、アンプにつないで音を増幅して出すことが出来ます。
エレキギターとは違い、生音でもそれなりの音量を確保することが出来るので、便利な代物です。通常、アコースティックギターよりも弦は硬く、慣れないうちは指にタコが出来たり皮を擦りむいたり。痛みを伴う楽器です。

(右側)
エレキギターです。フレットの部分(長い棒状になっているネックを区切る部分)に、「ここが何フレットにあたるか」を示すマークがついていますが、このギターの場合は波のようなユニークな図柄になっています。
ストラトキャスター(通称ストラト)と呼ばれるスタンダードな形です。丁度ピックで弦を弾く辺りに、ピックアップと呼ばれる電子部品があり、弦の振動を電気信号に変換します。このピックアップの出来次第で、アンプを通して出てくるサウンドを大きく左右します。3つのピックアップのうち、どれを使うかを選ぶセレクターがついています。
ナイロン ナイロンの素材で出来た弦で、主にクラシックギターと呼ばれるものです。弦が弾かれる音がマイルドなので、優しい響きになっています。
スティール 鉄の素材で出来た弦で、主にフォークギターと呼ばれるものです。ナイロンとは対照的な、きつめのアタック音が特徴で、存在感のあるギタープレイに向いています。
クリーン
フランジャー
エレキギターをあまり歪ませないでクリーンな響きでアコースティックのように弾いた時の音色です。フランジャーと呼ばれる効果をかけ、不思議な空間を作り出しています。
クリーン
コーラス
これもエレキギターのクリーンサウンドですが、こちらは少し歪ませてコーラスという効果をかけてあります。クリーンとはいえトゲのあるサウンドになっています。
エレキ
ディストーション
激しく歪んだエレキギターならではのサウンドです。ディレイと呼ばれる、残響効果が特徴的です。個人的にはとても好きな音色です。ディストーションと一口に言っても、そのひずみ方で多様な音作りが可能です。
エレキ
オーバードライブ
ディストーションに比べマイルドな響きが特徴です。マイルドな分、ソロだけではなく曲のどの部分を弾いても合うという性格を持った音色です。
エレキ
アンプゲイン
アンプを使って自然な歪みを得たサウンドです。あまり耳にきつくない、マイルドな感じの響きが特徴です。
エレキ
コーラス
音が重なり合うような効果のあるサウンドです。ディレイとはまた違った、広がり感のある音色です。
エレキ
フェイザー
フェイザーと呼ばれる、非常に個性的なサウンドです。「シュワー」という言葉で表現されるような、異次元空間をイメージさせるサウンドが特徴的です。

楽器へのこだわり 5つ目の楽器(ストリングス)へ

トップ | 概要 | 紹介 | 楽曲 | お声 | 商品 | 見積 | このページのトップへ | メールでの問合せはこちらから | 連絡先

Copyright (C) ソングメーカー All Rights Reserved.