音楽家お父ちゃんの運営するソングメーカー。お客様の思いを、尊重するということ。

(カテゴリー「ソングメーカーの紹介」の49番目、全体では121番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!
ソングメーカー代表・井村淳也と申します。

今日もブログをごらん下さり、ありがとうございます。

今回は、お客様の音楽への思い、ご要望を、何よりも尊重するということについてです。

これは私自身の生き方にも関係するお話になってきます。

私は以前、長い間、持ち続けた夢がありました。
それは、自分がミュージシャンとして、プロデビューしたい!というものでした。
自分で音楽を作ることは今と同じですが、さらにそれを自分が人前でパフォーマンスする、歌や演奏を聴いてもらうということです。

言ってみれば、「ロックスター」になりたかったんですね。
ロック大好き、エレキギター命。の私にとっては、それは大きな、本当に大きな憧れでした。

しかし一方、自分の元々の性格や、過去の人間関係での経験から、私は人前に立つことがどうしても得意ではありませんでした。。。
音楽で生きていきたい、という思いはあるものの、それを表現していく方法をうまく見つけられなかったんですね。
心の中にある音楽への思いを、うまく形にしていくことができなかったんです。

それは私が音楽を本格的に作るようになった、大学時代から、サラリーマン時代までの12年間ほどだと思います。
その12年間、私は自分の中で大変に苦しみ、悩みました。
音楽の道を諦めようとしたのは、何回あったか分かりません。
そんな中で社会にうまく溶け込めず、いったい自分はこれから先、どうやって生きていけばいいのか、途方に暮れる日もありました。

そんな私が、悩みながらも見つけたひとつの答えが、「音楽を作る」ということに特化するという生き方だったのです。

自分が長い時間をかけ、積み上げてきた音楽への思い、知識、技術、経験。それを必要として下さる人のために、精一杯音楽を作ろう。

そんな思いではじめたのが、今こうして私が運営しているソングメーカーだったのです。
おかげさまで、2008年の創業以来、10周年を迎えることができました!

誰かのために、音楽を作る、という生き方。
それが実現したとき、私は「自分の求めていたものは、これだったんだ!」と気がつきました。

それは私にとって、思いがけない幸せを運んでくれました。
お客様が、私の音楽で喜んで下さることです。
「いい音楽をありがとう」「依頼してよかった」「とても気に入っています」
そんなお言葉、ご感想をいただけたとき。
私は本当に、幸せな気持ちでいっぱいになります。

そんな感謝の思いを、お客様にお届けするために必要なこと。そのために、

もっとも大切なことのひとつが、「お客様の音楽への思いを尊重する」

ということです。

誰かのために、音楽を作るということ。
たくさんの人たちの、たくさんの音楽への思いを形にするということ。
これまで900曲以上のご依頼を頂きましたが、そのたびに新しい発見があります。
「こんな考え方もあるんだ!」「そうか、そういう感じ方もあるんだな・・・」と、本当に人それぞれの音楽への思いがあることに、いまさらながら驚かされます。

そしてその、一つ一つの思いは、すべてがオリジナルです。
だからこそ、その思いを尊重して、何よりもお客様の思いを実現できるようにする。

その先にお客様の満足があり、「音楽で喜びを、幸せを届ける」ことにつながるのですから。

だからこそ、ソングメーカーではお客様の思いを尊重するということを、もっとも大切にしています。

 

 

ぜひ一度、ソングメーカーのホームページにお越しください!

そして是非、無料見積もりをお試し下さい!
あなたのためだけに心を込めて、世界にひとつの音楽を作らせていただきます。

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

お問い合わせ
メールはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)