音楽への思い~人を幸せにできる仕事

(カテゴリー「音楽への思い」の10番目、全体では91番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表の、井村淳也と申します。

今日もブログをご覧下さり、ありがとうございます。

多い

最近、多いになってきましたね!

何のことかと言うと、花粉の飛散予想です。
まだ多いのに、”非常に”が付かないだけでだいぶ楽になるのも不思議ですけど、実際、だいぶ関東地方は落ち着いたようです。

私、自転車に乗るのが好きなんですが、花粉の季節はどうしても憂鬱でなかなか遠出しづらいんです。
でも、これからどんどんいい季節になっていくと思うと、楽しみです!

さて、今日のテーマ。
私は今、音楽制作というお仕事を通じ、お客様や音楽を聴いてくださった方から嬉しいお言葉を頂けることがあります。
私の音楽を聞いて感動した、依頼して良かった。
そんな、とても嬉しいお言葉です。

お礼を申し上げたいのは、こちらですのに・・・
今回は、そんな喜び、その場に生まれた“幸せな時間”についてお話させて頂きたいと思います。

色々なお仕事がある中で

実は私は、将来の仕事を考える際、何かはっきりとした希望として
「人を幸せにできる仕事がしたい」
と思っていたわけではありませんでした。

例えば、人の役に立つ仕事は、たくさんあると思います。
「どんな仕事も誰かの役に立っている」
という考え方もありますし、私もその通りだと思いますが、ここで取り上げたいのはもっと直接的な、影響がわかりやすいお仕事のことです。

例えば、お花屋さん。
きれいなお花は、あげる人、もらう人、どちらも幸せにしますよね。
もちろん、自分自身で楽しむために買うこともあるでしょう。

例えば、パン屋さん。
焼きたてのおいしいパンは、誰だって幸せな気分になれます。

また、お医者さんも苦痛を和らげるという意味では人を幸せに出来るお仕事だと思いますし、お笑い芸人とか、映画監督とか、エンターテインメント関係のお仕事も、人に楽しみを与えて幸せにできるお仕事ではないでしょうか。

そういう意味では、私はもともと、そんなお仕事ができたらいいなと思っていたわけではなかったのです。

ですが、今こうして、音楽家として多くの楽曲制作をさせて頂き、たくさんの方から喜びのお声をかけて頂く機会があります。2008年にソングメーカーを立ち上げて以降、多くの嬉しいお言葉を頂きました。

私自身、ずっと思っていたことは
「自分には音楽しかない」
ということ。

ずっと、自分に自信をもてずに生きてきました。
そんな私を少しずつ、でも確実に変えてくれたのは、音楽の存在でした。
音楽を作ることができる、その事実が私を変え、生きる力を与えてくれたのです。

そしてそれが結果的に、人に幸せを届けられるお仕事へとつながったということ。

私自身も、大変大きな幸せを頂くことが出来ました。

自分に出来ることは何かを探した

私がここまでやってこれたのは、お客様をはじめ、たくさんの方が私のことを認めてくださり、支えてくださったからに他なりません。
そして、今改めて思うのは、私が必死に自分にできることは何かを探したことで、その思いを多くの方が理解して下さったからではないだろうか、ということです。
私は過去の辛い時期を過ごしていた頃、自分に自信をもてず、前を向いて生きることが出来ませんでした。
ですがそんな私にも、たった一つ、譲れないものがありました。

それが、音楽制作でした。
私は独学で音楽を身に着け、すべて自己流で作ってきた、いわば"雑草ミュージシャン”のような存在です。
音大を出たわけでも、音楽の専門教育を受けたわけでもありません。

それでも、自分がずっと大切にしてきたこと。
これだけはやめないように、と考えて続けてきたこと。
それが、音楽を作ることだったんです。

そこには、私なりのまっすぐな思いがありました。
自分自身の人生をかけて捧げると言ってもいいほどの、ひたむきな思いがあったのです。

その思いが、誰かに届いた。
だからこそ今がある。

そんな風に思っています。

人とのつながりを生み、人を幸せにできることだった、その喜び

そうして私は音楽家となることができました。
このお仕事は、奇しくも私が長く悩んできたこと。
「人とのつながり」
を強く感じるものだったのです。

偶然かもしれません。
必死に生き方を模索してきた私にとって、"誰かを幸せにしたい”と考える余裕など無かったはずです。

でも、今こうして音楽を作らせて頂くことで、音楽の素晴らしさを共有することができる。
私自身がそうだったように、音楽の魅力で幸せな気持ちを感じていただくことができる。

私がたどり着いた音楽家として生きる人生。
その生き方が私自身のみならず、誰かに幸せを届けることができる、ということ。

その喜びを、強く感じているのです。

人とのつながりに迷い、苦しんできた自分だからこそ、その意味を強く感じています。
そして、その思いは、音楽家としてこれからも生きていきたいと願う、私の未来へとつながっていくようにも思うのです。

まっすぐな思いは、いつかきっと、誰かに届く。

一人の音楽が好きな人間に過ぎなかった、私という存在を、音楽家として生きていけるようにして下さった。
そこには、お客様をはじめ、たくさんの方の支えがありました。

何の保証も、つてもなく、ただただ音楽が好きだったから、音楽だけは自分の中で譲れないものだったから。
そんな、まっすぐな思いだけが、私の持てる武器だったのだと思います。
そして、その思いが届いたからこそ、今がある。
そう確信しています。

「あなたに会えて、よかった。」
そんな風に感じていただければ、私にとって、これ以上の幸せなことはありません。

音楽を作ること。
音楽を届けること。
それが、私のお仕事です。

これからも、少しでもたくさんの人達を音楽で幸せにできるように。
まっすぐに音楽と向き合い、成長していけるように、生きていきたいと思います。

そして、音楽制作とあわせてこれから伝えていきたいこと。
ライフメーカー~人生はきっと、作り出せる。
このカテゴリーでお伝えしている私の思いを、これからも続けて発信してまいります。
同名のセミナーも順次開催してまいりますので、一人でも多くの方に思いを届けられたら幸せです。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)