(カテゴリー「音楽への思い」の3つ目、全体では12番目の記事です。記事一覧

皆さんこんにちは!ソングメーカー代表の、井村淳也と申します。

いつも当ブログをお読み下さり、ありがとうございます。

トランプ

と、言ってもドナルドさんの方ではなく、カードゲームの方です。

最近また、我が家で静かな大ブームとなっております。

ポケモンのカードゲームもやってまして、そちらも息子とはまっているのですが、トランプにはシンプルさゆえの楽しさがありますよね!

色んな種類の遊び方があるし、飽きません。

ちなみに、私は
スピード
が大の苦手です。。。妻との勝負ではほとんど勝てないのです。

7並べとか、そういうまったり派ゲームの方が向いてるみたいです♪

前回は
音楽への思い~音楽のもつ力、可能性

という記事でした。

今回は、引き続き「音楽への思い」カテゴリーで
音楽で笑顔を。音楽で幸せを。
というテーマで、お話させて頂きたいと思います。

人間と笑顔は切っても切れないもの

今回のテーマとなっている、
「音楽で笑顔を。音楽で幸せを。」
この言葉、実は、ソングメーカーのホームページのトップで掲げているものです。

こめられた思いは、

音楽を作り、その音楽で誰かを笑顔にしたい。そして、幸せになってほしい」
というものです。

人間は誰でも、誰かの笑顔を求めて生きているんじゃないかな、と思うんです。
親なら誰でも、子供には笑っていて欲しい。私自身、いつもそう願っています。
子供だって、親の笑顔があふれる家庭なら精神が安定した子に育つはずです。
友達同士だって、もちろん笑顔の絶えない関係なら、一生の友達になれるでしょう。
恋人同士、夫婦。もともと他人同士の二人が、長く一緒に暮らすからこそ、笑顔が必要です。

こんな風に、笑顔はいつでも人間にとって大切な、とても大切なものです。

もし、笑顔のまったくない世の中になってしまったとしたら。
SFの世界設定のようでもありますが、それは考えただけで恐ろしいものです。

人間は、楽しいとき、嬉しいとき、笑顔になれるもの。
それって、素晴らしいことだなあと改めて思うんです。

音楽で救われたという事実

私は、以前の記事でも書かせて頂きましたように、音楽で辛い過去を乗り越えることができました。
何度も自分に自信を失って、生きることに絶望しかけたとき、音楽がそばにありました。
音楽を聞いているときの自分は、不思議と前を向くことが出来ました。
希望を失いかけて、明日への光を見つけられないような状況でも、音楽を聞いて感じる心が無くなることはありませんでした。

それは、音楽の無限の可能性によるものではないかと思うのです。

何年たっても、その魅力が色あせることはないこと。
音楽を表現するのに、何も条件は無く、自由だということ。
世代をこえ、人種をこえ、地域をこえて、いつでもどこでも楽しむことができること。

そんな音楽の深い世界が、辛いときでも素直な気持ちにさせてくれたのだと思います。

音楽は生まれた瞬間から、ひとつの世界を作り上げるもの。
そしてそれは一曲、一曲、ひとつとして同じものはありません。

だからこそ自分にとって音楽は、一生をかけて極めて行きたいものになりました。
「これほどまでに素晴らしいものを、自分で作っていけたらどんなにいいだろう」
と思ったからです。

そして、それが誰かを元気に、笑顔にすることができたら。
そうも思いました。

私は過去の辛かった頃、いつも、自分は価値のない人間なんだと思っていました。
それどころか、周りの人を不幸にするような、迷惑をかけるような、そんな存在ではないかとさえ思いました。
人間関係で苦労を重ねていた。それは、きっと自分がそれだけの理由がある人間だからだ。
そんな風に自分を追い詰めていたのです。

でも、同時にこうも思いました。

自分という人間を好きになってもらうことは、できないのかもしれない。
だけど、自分が作る音楽だけは、好きになってもらいたい。

音楽には人格はない。音楽はいつも自由で、特別な存在だ。
誰が作ろうと、いい音楽はいいはずだ。
そして、それが誰かの心に届くことだって、できるはずだ。

私はそんな風に気がついたとき、ふっと、心が軽くなったのです。

そうか!そうだ、そうすればいいんだ!

何か、特別な発明をしたかのような、明るい気持ちになったのを今でもはっきりと覚えています。

そう、思えてからは、私の心は音楽に捧げられました。
良い音楽を作れるようになること、そのために全力を傾けるように生きていくようになりました。

自分が音楽で生きる力を、そして笑顔をもらえたように。
今度は、誰かを笑顔にしたい。
いや、きっと出来るようになってやる!

そんな前向きな思いで一杯になったのです。

音楽で笑顔を、音楽で幸せを。

その先にあったもの。
それは、今の自分です。
今、音楽家として生きていられる、自分がその結果なのです。

私は2008年、ソングメーカーを立ち上げました。
それから現在まで、900曲を超えるご依頼を頂いております。

本当に多くの方から、色々なジャンル、色々な形で、音楽を作らせていただきました。
その中では、お気に召して頂けなかったこともあります。
お客様にお叱りを受けたこともあります。
それでも、多くのお客様にご満足頂き、お仕事として最後まで取り組ませていただきました。
紛れもなく、私が音楽を作り出し、その出来上がった音楽をお客様が喜んでくださったのです。
「いい曲ができました、ありがとうございます」
「依頼してよかった」
「感動して、涙が出てしまいました」
そんなお声を、これまで多く頂きました。

そんな時、私は決まってこのようにお客さまにお伝えしています。

それは、こちらのセリフです。こちらこそありがとうございます。
お客様に喜んでいただけること。私にとって、それ以上の幸せはありません。

今、こうして書いていても、胸が熱くなるのが分かります。
それだけ、私自身が今の音楽家というお仕事を通じて、たくさんの感動を頂いてきているのです。

私はかつて、人間関係に苦しみ、自分自身を価値のない存在だと思っていました。
そんな私が今では、日本全国、色々な方たちと音楽を通じてつながることができ、笑顔をお届けすることができる。幸せになって頂くことができる。
もちろん、私自身も。

紛れもなく、音楽という存在が私を変えたのです。
音楽が私を変え、お客様とつながり、その結果がまた私をさらに変えていく。
本当に音楽というものは、無限の可能性に満ちた素晴らしいものであると、確信します。

音楽は誰も傷つけません。
正解、不正解はなく、どこまでも自由です。
どんなに時間が経っても色あせることはありません。
世界中、どこでも誰とでも楽しめる共通の言語です。
そして、人から人へと、語り継いでいくことが出来るのです。

だからこそ、私は一生をかけて音楽を極めていきたい。
辛い過去を音楽で乗り越えた、そんな経験を持つ自分は、それが使命だとさえ感じています。

私は、自分の作る音楽で、たくさんの人に笑顔を、幸せを届けていきたい。
そんな風に生きていけたら、こんなに幸せなことはないと思っています。

だから、これからも。
私は音楽家として、幸せを作っていけるようにがんばっていきます。

是非、お見積もりはお気軽に!

ご依頼ご検討の方はこちらから~パソコン

ご依頼ご検討の方はこちらから~スマートフォン

今回も最後までお読み下さり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)